自己肯定感とは?自己肯定感が高い人には共通する○○があった!?

▼もくじ

  1. 自己肯定感とは
  2. 自己肯定感が低い人の特徴
  3. 自己肯定感が高い人の特徴
  4. まとめ

自己肯定感とは

あなたは自己肯定感という言葉を聞いたことがあるでしょうか?おそらく耳にしたことがある人は多いと思います。

自己肯定感とは「どんな自分であっても無条件で受け入れ、自分の価値や存在意義を肯定できる感覚」のことを言います。

例えば、あなたが何かのチャレンジに失敗し精神的に苦しい状況にあるとき「自分はなんて駄目な奴なんだ・・・」、「どうせ自分は何をやったって上手くいかないんだ・・・」と自分をひどく責めて落ち込んでしまった経験はありませんか?

このような時、自己肯定感が高い人なら「今回は失敗したけど、自分はよく頑張ったし、ウジウジしてたってしょうがないからまた次頑張ろう!」という様に失敗した自分を素直に受け入れ、自分の存在価値を肯定することができるのです。

また、自分にとって嬉しい出来事が起きた時には、素直に喜ぶこともできるのです。

このように自己肯定感が高い人はどんな時でも自分を受け入れることができるため、悩みやストレスが減り、より良い人生を歩むことができるのです。

自己肯定感が低い人の特徴

自己肯定感が低い人の4つの特徴

  1. 他者からの評価を過剰に気にする
  2. 考え方が否定的
  3. 他者と自分を比較する
  4. 無関心を装う
1 他者からの評価を過剰に気にする

自己肯定感が低い人は自分に自信がないため、他者からの評価を過剰に気にする傾向があります。

そのため他者から少しでもネガティブな評価を受けると「自分は周りよりも劣った人間」だと認識してしまうのです。

このような状態になると、人からの評価を常に気にし、他人からよく見られようと行動してしまいます。その結果、他人の望んでいる自分になっていくのです。これではまるで他者の人生を生きているようなものです。

また、他人に気を使いすぎて息苦しさを感じるでしょう。

2 考え方が否定的

考え方が否定的な人は、ポジティブな内容よりもネガティブな内容に目がいってしまう癖がついています。

そのため、何かいい出来事が起きた場合ですら、少しでもネガティブな面を発見すると素直に喜ぶことができなくなってしまうのです。

また、「どうせ自分なんて無理だ」という考えが常に付きまとっているため、挑戦する前に諦めてしまいチャンスをつかむ機会を失ってしまうのです。

このような状態が続くと、「不幸でかわいそうな自分」に酔ってしまい、さらに改善が難しい状態になってしまう場合もあるのです。

3 他者と自分を比較する

成功している人や、自分よりも能力が高い人間と比較して「自分は全然ダメだな・・・」と思い込んでしまう状態のことです。

このような状態になると、自己肯定感の低さから周囲に自慢話などをして相手に自分の価値を認めさせようとする場合があります。一見自信があるように見えても、本当は自己肯定感の低さを隠そうとする心理からくる行動なのです。

次章で詳しく解説しますが、大事なのは他者との比較ではなく自分自身との比較なのです。

4 無関心を装う

失敗して傷つくのが怖いので、最初から無関心を装って本気で取り組むことを避けてしまう状態のことです。

この状態になると、「本気さえだせば上手くいくんだ」という考えに陥り、いつまでも可能性の中に居続けようとする人生になってしまいます。

可能性の殻に籠ってしまうといつまでも本気で挑戦できず、後悔の多い人生を送ってしまいます。

自己と肯定感が高い人の特徴

自己肯定感が高い人の4つの特徴

  1. 素直で楽観的な考えをしている
  2. 他者と比較しない
  3. 自己効力感が高い
1 素直で楽観的な考えをしている

自己肯定感が高い人は素直で楽観的な考えをしています。

そのため人の意見は素直に受け入れられるし、何か否定的な評価を受けたとしもアドバイスだと思って楽観的に受け入れることができるのです。

楽観主義なので心に余裕ができ、積極的に色んな事に挑戦することができるのです。

2 他者と比較しない

自己肯定感が高い人は自分を他人と比較しないので、「自分は自分、他人は他人」という具合にしっかり区別して物事を考えることができます。

本当に比較すべきなのは過去の自分や理想の自分であり、他者ではありません。

このように割り切った考えで生きていけば、他者の意見に振り回されず、自分の人生に集中して生きることができるのです。

3 自己効力感が高い

自己効力感とは、たとえ困難な課題に取り組む状況であっても「自分なら乗り越えられる」と自分を信頼できる感覚のことを言います。

自己効力感が高いと自信を持って積極的に行動することができるため、たとえ困難な目標であっても継続的に取り組むことができるのです。

このように自己効力感が高いと挑戦の回数が増え、その数に応じて成功体験も蓄積されていきます。

成功体験があるとさらに自分に自信を持つことができ、結果として自己肯定感が高くなるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本人の自己肯定感は世界の中でも圧倒的に低いと言われています。自分は自己肯定感が低いなと感じたのなら、ぜひ今日から自己肯定感を高めて幸福度の高い人生を送っていきましょう。

すぐに効果を得るのは難しいかもしれませんが、毎日意識していれば徐々に改善されていきます!

最後まで見てくださって本当にありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました